外壁塗装

民間の分譲、賃貸に係わらず昭和時代のマンションでは、枝管が階下の天井の中で竪管に接続されていることが多く見られます

もし給排水管の事故や排水管交換の場合には階下の天井を壊さなければならなくなります。
現在のマンションであれば、自邸の床を壊し補修が出来るため、自邸の範囲で済みますが、古いマンションでは下階の天井を壊すため、下階の方に生活が困難になるような多大な迷惑を掛けてしまいます。

これを回避するすべは無いのか?
管理組合で細則を設けることで解決に近付くことが出来ます。


リノベーション  - 1  

新着情報8

新着情報     - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9  - 10 - 11 - 12 - 13 - 14  - 15 - 16 - 17  - 18  - 19

新着情報16

新着情報17

新着情報18

新着情報19

京都伏見区、マンションのリノベーション

新着情報2

新着情報1

新着情報9

Map          - 1  

新着情報10

新着情報11

新着情報3

達人養成講座 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8
下階ではなく区画内に配管リノベーション

新着情報 17

京都深草、龍谷大学前マンションをリノベーション
配管画像、龍谷大学前マンションをリノベーション

新着情報7

新着情報6

リフォーム図面 - 1 - 2 - 3  

新着情報5

リフォーム    - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 

(C)Copyright 2009 K's uv-coat All Rights Reserved

画像をクリックしてね

上階の排水管が区画を貫通し天井内で接続されている様子です。
排水管が破れたり、接続部分が劣化した場合、そこから汚水が下階に多大な影響を及ぼすことが一目瞭然。
そればかりか貫通していることで、水のトラブルがあれば直ぐに下階への影響が出やすくなっています。

京都深草、マンションの耐候性アップは紫外線防止でアンチアイジング

新着情報4

気ままに     - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7

新着情報13

新着情報12

新着情報14

新着情報15

床の張替を検討する場合に限られますが、床を少し上げるだけで区画内の配管が可能になってきます。