昭和30〜50年代のマンションでは、限られたスペースに居室を多く
また少しでも大きく取りたいために、廊下を軽視する傾向にありました。
そのため、個々のプライバシーを得ることが出来ず、現在のニーズに合わなくなっています。
結果、賃貸では借手が付きにくく、また賃料を下げなくては借手が付かなかったり、中古販売では売りにくくなっています。

改装の計画があるのであれば、少しの配置移動で昭和から平成の最新型マンションに変える事が可能です。

新着情報     - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9  - 10 - 11 - 12 - 13 - 14  - 15 - 16 - 17  - 18  - 19

新着情報15

新着情報16

新着情報17

新着情報19

京都伏見区、マンションのリノベーション

新着情報2

新着情報18

達人養成講座 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8

新着情報1

新着情報3

気ままに     - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7

新着情報7

新着情報8

新着情報20
Map          - 1  

新着情報9

新着情報10

新着情報 18


新着情報5

リフォーム図面 - 1 - 2 - 3  

新着情報6

リノベーション  - 1  
外壁塗装


(C)Copyright 2009 K's uv-coat All Rights Reserved

昭和から平成へ、家賃アップのリノベーション
画像をクリックしてね
京都深草、マンションの耐候性アップは紫外線防止でアンチアイジング

新着情報4

リフォーム    - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 

新着情報11

新着情報13

新着情報12

新着情報14